甲子園球場のアルプススタンドの名前の由来とは

阪神甲子園球場

画像引用元:wikipedia「阪神甲子園球場」

甲子園球場には「アルプススタンド」と呼ばれる観客席があります。
では、なぜ「アルプススタンド」なのでしょうか?

なぜアルプススタンド?

アルプス

応援する人たちの白いシャツで埋め尽くされた光景から由来。

1929年(昭和4年)に増え続ける観客を収容するため増設された席のことで
応援する人たちの白いシャツで埋め尽くされた光景から、アルプスの雪山を連想して「アルプススタンド」と表現したのは
岡本太郎の父で漫画家の岡本一平と言われています。

また、これには諸説あり、当時の大阪朝日新聞編集局員で登山家でもあった
藤木久三の考えを、一平が新聞に書いたという説や、一緒に観戦していた息子の太郎が
「アルプスみたい」と言ったことから由来するという説があります。

アルプススタンドの場所はどこ?

アルプススタンド

アルプススタンドは赤で囲まれた部分。

赤で囲んでいる部分がおおよそアルプススタンドとされています。
より正確な場所が知りたい場合は「阪神甲子園球場の座席案内」を見ましょう。
茶色い座席がアルプススタンドとなります。


球場と言えば、東京ドームが大きさの基準となっている理由は知っていますか?
・なぜ東京ドームは大きさの基準になっているのか?

--

以上、甲子園球場のアルプススタンドの名前の由来とはでした。

dカードはローソン・マックはお得だが・・ポイントの罠を解説。

dカード

父「dカードで3%オフらしいぞ!」

子「まぁ、小さい字を探す癖を付けないとね。」

ドコモの新しいクレジットカード「dカード」。
ローソンやマクドナルドで3%オフを売りにしているが、
実際のところはどうなのか?

なお、マクドナルドについては2017年2月までとなっています。
※終わる終わる詐欺にて、何度も延長している。。

ローソンは今のところ無期限。

3%オフはお得

ローソン・マクドナルドで3%オフ

3%オフは普通にお得です。

マクドナルトをよく利用する人なら間違いなく持っておいた方が良いです。
ドコモユーザー限定なので、ドコモの特典的存在。

また、3%オフと合わせて、ポイントも付きます。

<マクドナルドの場合>

1、3%オフ
2、iD決済:1%ポイント付与
3、dカード提示:1%ポイント付与(東京の100店舗のみ)

→合計5%!(東京以外の人は4%ですが・・・

<ローソンの場合>

1、3%オフ
2、dカード決済:1%ポイント付与
3、dカード提示:1%ポイント付与

→合計5%!(これは良い

マクドナルドは3%オフが無くなればしょぼいですが、
ローソンでは全品5%オフになるのと同じです。
年会費も無料なので、ドコモユーザーはとりあえず持っておこう。

ただ、注意点もいろいろある。

dカードは切り捨てが多い

ご利用都度100円1ポイント

dカードのクレジット払い等は、利用毎100円1ポイント付与です。

ということは、99円では0ポイント。
198円は1ポイント。還元率は1%を下回ります。
特に、少額の買い物が多いコンビニでは大問題。

3%オフのあるローソンはそれでもお得ですが、
他のコンビニで使う場合はかなりの損。
月の総利用額から100円ごと1ポイントになる楽天カードの方がお得です。
もしくは楽天EdyやSuicaなどの電子マネーを。

そう、dカードは電子マネーチャージはポイント付与対象外です。

よって、メインでは使いにくく、ローソン、マクドナルドでしか使えないと言える。
ただ、そのローソン・マクドが強力なので、持つ価値はある。

入会キャンペーンで数千円を必ず貰えたりするので、
ドコモユーザーはとりあえず申し込むのが吉。

今のキャンペーンはこれ

細かい特典とかはこちら→公式HP「dカード

そう、ドコモの携帯での保障やポイントもお得です。
そこに罠はない。

--

以上、dカードはローソン・マックはお得だが・・ポイントの罠を解説。でした。

電車はいくらぐらいするのか?その値段

電車

交通手段の一つである「電車」。
首都圏や主要都市では利用者も多いと思います。

では、その電車はいくらするのか知っていますか?

普通電車の値段

電車

1両で1億円ほど。

普通列車の値段ですが、1両で1億円ほどします。
「電車1本」ではないです。

つまり、5両編成、10両編成となると
5億、10億円が走っているという事になります。

特急電車の値段

特急電車
画像引用元:wikipedia「特別急行電車」

1両で1億5000万円ほど。

ちなみに特急電車はというと、
1両で1億5000万円ほどと言われており、普通電車より値段が上がります。
なので、6両編成だと9億円が走っているという事になります。

また、鉄道の車両の車体の寿命はおよそ30年ほど。
かなり長いですが、メンテナンスがやはり必要になります。

なので、維持費は30年間でおよそ2億円ほど。
新しく作る普通電車2両分の費用が必要になっているようです。


電車といえば、最終電車の運転手はどうやって帰るのか知っていますか?
・最終電車の運転手はどうやって帰っているのか?

--

以上、電車はいくらぐらいするのか?その値段でした。